こんにちは。行政書士の岩田です。とび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取得したいと考えているけど、どうやったらいいのかわからないと困っていませんか?

ポイントは4つです。本記事を読む事で、とび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取得する際のポイントが分かります。

建設業許可の一つ【とび・土工・コンクリート工事】とは

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

とび・土工・コンクリート工事は、大まかに5つに別れています。

①足場の組み立て、機械器具・建設資材等の重量物の運搬配置、鉄骨等の組み立て等を行う工事

例えば、
・とび工事
・ひき工事
・足場仮設工事
・クレーン等による重量物の揚重量運搬配置工事
・鉄骨組み立て工事
・コンクリートブロック据付工事などです。

②くい打ち、くい抜き、場所打ぐいを行う工事

例えば、
・くい工事
・くい打ち工事
・くい抜き工事
・場所打ぐい工事などです。

③土砂等の採掘、盛り上げ、締固め等を行う工事

例えば、
・土工事
・採掘工事
・根切り工事
・発破工事
・盛土工事などです。

④コンクリートにより工作物を築造する工事

例えば、
・コンクリート工事
・コンクリート打設工事
・コンクリート圧送工事
・プレストレストコンクリート工事などです。

⑤その他、基礎的・準備的工事

・地滑り防止工事
・地盤改良工事(薬液注入工事、ウエルポイント工事など、各種の地盤の改良を行う工事を総称したものです。)
・ボーリンググラウト工事
・土留め工事
・仮締め切り工事
・吹き付け工事
・法面保護工事
・道路付属物設置工事(道路標識や、ガードレールの設置工事が含まれます。)
・屋外広告物設置工事(鋼構造物工事の屋外広告物工事以外のものです。)
・捨石工事
・外構工事
・はつり工事
・切断穿孔工事
・アンカー工事
・あと施工アンカー工事
・潜水工事などです。

注意点

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

とび・土工・コンクリート工事は範囲が広いので、他の業種と被って見えるようなものもあります。ここでは、どういったものが「とび・土工・コンクリート工事」に当てはまり、どういったものが当てはまらないのかの考え方を書きます。

コンクリートブロック据え付け、積み(張り)工事

コンクリートブロック据え付け、積み(張り)工事は「石工事」「とび・土工・コンクリート工事」「タイル・れんが・ブロック工事」に共通します。

根固めブロック、消波ブロックの据付等の土木工事で、規模の大きいコンクリートブロックの据付を行う工事、プレキャストコンクリートの柱や梁等の部材の設置工事などが、「とび・土工・コンクリート工事」のコンクリートブロック据付工事、積み(張り)工事です。

建築物の内外装として擬石等をはり付ける工事や、法面処理、擁壁としてコンクリートブロックの積み(張り)工事等が「石工事」のコンクリートブロック据付、積み(張り)工事です。

コンクリートブロックにより建築物を建設する工事等が「タイル・れんが・ブロック工事」におけるコンクリートブロック積み工事です。
これにはエクステリア工事として行う場合も含みます。

鉄骨組み立て工事

鉄骨組み立て工事は「とび・土工・コンクリート工事」「鋼構造物工事」に共通します。

鉄骨の製作、加工から組み立てまでを一貫して(最初から最後まで)請け負うのが鋼構造物工事の鉄骨工事です。

すでに加工された鉄骨を現場で組み立てることのみを請け負うのが、とび・土工・コンクリート工事の鉄骨組み立て工事です。

吹き付け工事

吹き付け工事は「とび・土工・コンクリート工事」「左管工事」に共通します。

法面処理等のためにモルタルまたは種子を吹き付ける工事は「とび・土工・コンクリート工事」の吹き付け工事です。

建築物に対してモルタル等の吹き付けを行う工事は「左管工事」の吹き付け工事です。

屋外広告物設置工事

屋外広告物設置工事は「とび・土工・コンクリート工事」「鋼構造物工事」に共通します。

現場で屋外広告物の製作、加工から設置までを一貫して請け負うのが鋼構造物工事での屋外広告工事です。

それ以外の工事が、とび・土工・コンクリート工事における屋外広告工事です。

防水工事

トンネル防水工事等の土木系の防水工事は、「防止工事業」ではなく、「とび・土工・コンクリート工事業」に当てはまります。

建築系の防水工事はそのまま「防水工事」に当てはまります。

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

とび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには、

・経営の安定性があるか(経営業務管理責任者)
・資金の調達能力があるか
・技術力があるか(専任技術者)
・適格性があるか

この4つのポイントが求められます。

ひとつづつ見ていきましょう。

経営の安定性

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

建設業は一品ごとの注文生産です。工事の受注ごとに、その工事内容に合わせた資金の調達、資材の購入、 技術者や労働者の配置、下請負人の選定及び下請契約の締結をしなければなりません。

そして、工事の目的物の完成まで、施工管理を適切に行うことが必要です。こうした適正な建設業の経営を行うために課せられている要件の事です。

この要件を【経営業務管理責任者】という言葉を使い、経営業務管理責任者がいるかどうかで、要件に当てはまるか判断します。

とび・土工・コンクリート工事の経営業務管理責任者になれる人

とび・土工・コンクリート工事の建設業許可を申請する会社の代表取締役の方、その会社の役員の方の誰か一人が、5年以上、建設業を経営していた経験がある。
とび・土工・コンクリート工事の建設業許可を申請する個人事業主の方(一人親方の場合はその方)が5年以上、建設業を経営していた経験がある。

こうした経験があれば、経営業務管理責任者(経営の安定性)の要件がクリアできます。

例えば、
5年以上前から鉄骨組み立て業の経営をしていて、今も同じように経営している。

個人事業主(一人親方)として静岡でアンカー工事を5年前からやっている。

個人事業主(一人親方)として静岡で足場仮設工事を5年前からやっている。

このよう方は、経営業務管理責任者の要件がクリアできます。

資金の調達能力

一般建設業許可の場合は500万円以上の残高証明書、融資証明書が必要です。

技術力の確保

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

建設工事契約の、適正な締結・履行(工事を実際に行うこと)を確保するためには、営業所ごとに技術者を置く必要があります。そこに置かれる技術者は、常時その営業所に勤務している(専任)であることが適切です。

この要件を【専任技術者】という言葉を使い、専任技術者がいるかどうかで、要件に当てはまるか判断します。

とび・土工・コンクリート工事の専任技術者になれる人

あなたの会社で働いている従業員の方の誰か一人か、
あなた自身が、

とび・土工・コンクリート工事業に対応している資格を持っている。

とび・土工・コンクリート工事の経験が10年以上ある。

大学や専門学校でとび・土工・コンクリート工事業に関する学科を卒業して、実務経験もある。

このうち一つでも当てはまれば、専任技術者(技術力の確保)の要件がクリアできます。

とび・土工・コンクリート工事業に対応している資格

  • 1級建設機械施工技士
  • 2級建設機械施工技士(第1種~第6種)
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士(土木)(薬液注入)
  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士(躯体)
  • 建設・総合技術監理(建設)技術士
  • 建設「鋼構造及びコンクリート」・総合技術監理(建設「鋼構造及びコンクリート」)技術士
  • 農業「農業土木」・総合技術監理(農業「農業土木」)技術士
  • 水産「水産土木」・総合技術監理(水産「水産土木」)技術士
  • 森林「森林土木」・総合技術監理(森林「森林土木」)技術士
  • とび・とび工技能士
  • 型枠施工技能士
  • ウェルポイント技能士
  • コンクリート圧送施工技能士
  • 登録基礎ぐい工事
  • 地すべり防止工事士
    ※太字は特定建設業許可の専任技術者になれる人です。

とび・土工・コンクリート工事業に関する学科

とび・土工・コンクリート工事に関する学科は
・土木工学
・建築学です。

・所定学科の中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年
・所定学科の大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年
・所定学科の専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年(専門士、高度専門士であれば3年)が必要です。

例えば、
・二級土木施工管理技士の資格を持っている。
・足場仮設工事の会社で10年以上働いている。
・アンカー工事の会社で10年以上働いている。
・建築学科の大学を卒業後、会社員として3年くい打ち工事の仕事をしている。

このような方は専任技術者の要件がクリアできます。

適格性

建設業の営業は注文生産なので、取引の開始から終了までに長い月日がかかります。結果、前払などによる金銭の授受が慣習化しています。

これは、「信用」を前提として行われるものなので、工事契約の締結や、その履行(工事を実際に行うこと)に際して、不正・不誠実な行為をするような者に建設業の営業を認めることはできないことから課せられている要件です。

まとめ

静岡でとび・土工・コンクリート工事の建設業許可を取るには?

これらの要件をクリアしたからといってとび・土工・コンクリート工事業の許可がすぐに取れるわけではありません。以上の事を書類で証明しなければならないからです。

いざ書類の作成を始めると、
・どんな書類を集めたらいいのか?
・この書類は使えるのか?使えないのか?
・書類の書き方ってこれで合ってるのか?

などの疑問が出ると思います。

行政書士岩田事務所では、静岡で建設業許可を取得しようとしている方に対して、無料相談を実施しています。
お気軽にお問い合わせください。