小型船舶操縦免許手続き

静岡行政書士海事代理士岩田事務所

モーターボート等は一級小型船舶操縦免許証、二級小型船舶操縦免許証を、水上オートバイ等は特殊小型船舶操縦免許を取得しなければ、船長として乗船することはできません。

当事務所では小型船舶免許の更新・失効・再発行・訂正手続きを行なっています。

お問い合わせください。

小型船舶操縦免許取得

取得についてはこちら

小型船舶操縦免許更新

小型船舶操縦免許証の有効期間は、5年間です。更新の手続きは、有効期間満了日の1年前からできます。

有効期間が過ぎてしまった場合は操縦免許が失効し、船長として乗船することができなくなります。その場合は、更新ではなく、失効再交付の手続きをします。

更新の要件

  • 身体検査の基準を満たしていること
    更新講習機関の身体検査、医師による身体検査を受検します。
  • 更新講習を受講していること
    講習の開催日時、場所はこちらです。

必要書類

  • 操縦免許証更新申請書(第22号様式 見本 )
  • 写真2枚
    サイズは、縦45mm×横35mm(パスポート用サイズ)
    申請日前6ヶ月以内に撮影した顔正面、無帽、無背景のもの
  • 小型船舶操縦士身体検査証明書(第23号様式)
    申請日前3ヶ月以内に更新講習機関、医師が発行したもの
  • 更新講習修了証明書
    申請日前3ヶ月以内に更新講習機関が発行したもの
  • 小型船舶操縦免許証
    新しい操縦免許証と引き替えになります。
    紛失等により提出できない場合は滅失てん末書が必要です。
  • 住民票
    必要な方のみ

更新の費用

当事務所で代行する場合は、講習を受講するだけで更新が済みますが、別途費用がかかります。
ご自分で行う場合は以下の料金です。

更新講習受講料金¥3,700
身体検査料金¥800
収入印紙代¥1,350
合計¥5,850

小型船舶操縦免許失効再交付

小型船舶の5年に1度の更新手続きを行わなかった場合、失効再交付の手続きが必要です。

失効再交付の要件

  • 身体検査の基準を満たしていること
    失効再交付講習機関の身体検査、医師による身体検査を受検します。
  • 失効再交付講習を受講していること
    講習の開催日時、場所はこちらです。

必要書類

操縦免許証再交付申請書(第24号様式 見本 )
写真を貼り付けたもの

写真   
サイズは、縦45mm×横35mm(パスポート用サイズ)
申請日前6ヶ月以内に撮影した顔正面、無帽、無背景のもの

小型船舶操縦士身体検査証明書(第23号様式)
申請日前3ヶ月以内に 失効再交付講習機関又は医師が発行したもの

失効再交付講習修了証明書
申請日前3ヶ月以内に失効再交付講習機関が発行したもの

本籍の記載のある住民票の写し

小型船舶操縦免許証(海技免状)
紛失等により提出できない場合は滅失てん末書が必要です。

失効再交付の費用

当事務所で代行する場合は、失効再交付講習を受講するだけで再交付が済みますが、別途費用がかかります。
ご自分で行う場合は以下の料金です。

失効再交付講習料金¥8,600
身体検査料金¥800
収入印紙代¥1,250
合計¥10,650

料金表

料金について分からない箇所がある場合は、お問い合わせください。
料金表はこちら