ご覧頂きありがとうございます。気になること、わからないことはお問い合わせください。

船舶の検査・登記・登録等の手続き

船舶の検査・登記・登録等の手続き

総トン数20トン以上の船舶は、船籍港を管轄する法務局に所有権等の登記を行い、管海官庁(地方運輸局等)に登録の手続きを行う必要があります。

また、自動車に車検があるように、船舶にも同様の検査があります。
総トン数20トン以上の船舶は国が,20トン未満の小型船舶は、小型船舶検査機構(JCI)が検査をしています。

当事務所では登記・登録・検査に関する手続き、書類の作成、申請、立ち合い等を代行しています。
お問い合わせください。

船舶の登記について

総トン数20トン以上の船舶は不動産と同様に扱われるので、土地、建物と同様に登記が必要です。

  • 相続や売買による所有者の変更があった場合は所有権移転の登記。
  • 抵当権、根抵当権の設定、抹消の登記。
  • 船舶管理人に関する登記。
  • 賃借権設定の登記。

上記等の手続きがあります。

船舶の登録について

総トン数20トン以上の船舶は、登記と船舶の登録の二元制度を採用しています。

総トン数20トン以上の船舶を取得したときは、船舶所有者は、船籍港を管轄する地方運輸局または、運輸支局(事務所)に登録の申請をしなければいけません。

船舶の検査について

自動車車検と同様に、船舶にも検査制度があります。

船舶の検査についてはこちら

料金表
料金について分からない箇所がある場合は、お問い合わせください。
料金表はこちら
>人生たいていの事は行政書士でなんとかなる

人生たいていの事は行政書士でなんとかなる

身近で頼れる存在でありたいと思っています。
幅広く、質の良いサービスを提供できるよう、企業様・個人様を問わず、身近で頼れるパートナーになりたいと考えています。
悩まれる前に、まずはお気軽にご相談ください。

CTR IMG